• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 国際業務 』 内のFAQ

41件中 11 - 20 件を表示

2 / 5ページ
  • カルネ担保金の支払い方法について

    担保金はカルネ引渡し日の2営業日前までに必ずお支払いをお願いします。 担保金は、カルネを使用して一時輸入した車両が再輸出されなかった場合、輸入国税関から関税違約金が課されますが、そのような事態に備えて、車両がその国に輸入された場合にかかる関税分の金額を担保として提出していただくお金です。金額はJAFにて算出させて... 詳細表示

  • 日本在住の外国人(日本語を読めない方)でもカルネ発行ができますか?

    日本在住の外国人(日本語を読めない)からカルネ発行申請があった場合でも、その対応は全て日本人(日本語が読解できる者)に対するものと全く同様となります。その方がカルネ発行条件を満たしている場合には、日本語で記載された通常のパンフレット、申請書類等も全て日本語によるものを使用致します。 日本語を理解できない申請者につ... 詳細表示

  • カルネ対象国の判断方法?

    ジュネーブ条約に従って、加盟する互いの国内を一時的に走行することや使用する自家用自動車を一時輸入する場合は関税の支払いを免除することが定められています。詳しくは、JAFホームページ上で『カルネを利用できる国または地域』(2014年7月現在)を掲載していますので、ご確認ください。また、カルネ以外の手段による輸入手続... 詳細表示

  • 車検期限と自動車カルネの申請

    渡航期間中に切れてしまう見込まれる場合は、事前に車検を受けて(車検有効期間が満了する1ヶ月以上前でも随時車検を受けることは可能で、その時点から新しい車検有効期間が開始される)いただくようにお願いいたします。また、場合によっては現在の車検期限に関わらず、車検を受けてしまって、「車検有効期限」を伸ばしておくことを奨め... 詳細表示

  • カルネの発行を受けるための条件?

    自動車カルネを利用するケースとして、自家用車を用いて外国を旅行する、ラリー等モータースポーツ競技会に参加する等がありますが、いずれの場合も、JAFからカルネの発行を受けるためには少なくとも以下の条件を全て満たしている必要があります。それらのうち一つでも満たしていない場合はカルネ発行対象とはなりません。・カルネ発行... 詳細表示

  • 自動車カルネって、なんですか?

    JAFが発行している自動車カルネ(正式名"AIT/FIA Carnet de Passages en Douane")は、自家用自動車(含自動二輪)の一時輸入の通関手続を簡素化する書類です。これによって一時輸入された自動車は、その国に登録する必要はなく日本登録のままで外国を走行することができますが、定められた期間... 詳細表示

  • ハワイやグアム・サイパンでは、AAAのサービスは受けられるか?

    ハワイでもアメリカAAAのサービスが受けることができます。ただし、グアム・サイパンでは、アメリカAAAサービスは提供されていませんので、ご了承ください。《関連リンク》 グローバル・サービス 詳細表示

  • 海外クラブでの「ロードサービス提供なし」について

    各国では、ロードサービス自体を実施していない海外クラブと、有料で提供している海外クラブの場合など、様々な状況があります。グローバルサービス利用については、会員自身が現地クラブにご確認いただく(自己責任による権利行使)ことが、各クラブ間の共通原則となっていますので、御了承ください。《関連リンク》 グローバル・サービス 詳細表示

  • グローバル・サービスの参加国・クラブ数はどのくらいですか?

    グローバル・サービスの参加数は、FIA(国際自動車連盟)に加盟する89カ国、100クラブです。その内、基本ロードサービスを自国クラブメンバーと同様に提供するのは、53カ国、55クラブです。(日本含む、2014年6月現在)。提供されるサービスの内容や連絡先はクラブにより異なりますので、詳しくは、下記グローバルサービ... 詳細表示

  • FIA、AITとは何か?

    FIA(国際自動車連盟)は、1904年創立の非営利組織です。国連や欧州評議会の民間諮問機関を務めています。世界132カ国から227の自動車クラブ・モータースポーツ統轄団体等が加盟しています(2011年4月現在)。業務目的は以下となっています。、①安全かつ環境負荷の少ない自動車交通を通じ、モビリティ(移動)の自由を... 詳細表示

41件中 11 - 20 件を表示

お問合わせご意見はこちら
このページのトップへ